愉しむ暮らし(桃山の家)

工法
木造軸組工法
床面積
1階 17.31坪 2階 13.57坪 延床面積30.88坪
コメント
玄関を入ると飾り床があり、玄関とリビングの間仕切りとして機能的なだけでなく、四季の花を飾ったりと、精神的にも癒しの空間になっています。
外断熱工法を採用し、パネルヒーター暖房を用いたことにより、吹き抜けの大空間リビングが実現。
床材は無垢のパイン材、壁は珪藻土を使用し、デザイン性ばかりではなく、健康面にも配慮しました。
障子戸は八枚戸にし、リビングに差し込む光の量を調整しやすくしています。
リビングには上品な木目が特徴のタモ材でできた大きな手造りのテーブルを配し、楽しい会話が弾みます。